スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実ヲ知ッタ日

もうすぐハロウィンか。

ハロウィンのときに更新できるか分からないので今日書こう。


あれはまだ僕が保育園のとき。

僕らはお化け屋敷をやることとなった。

それはそれは低レベルなお化け屋敷でお化け役はただ、穴を開けた袋をかぶるだけという何とも低コストかつ、楽な変装であった。




簡単に教室内を書いてみた。

緑は僕の進路で、丸はお化け(先生)、青はスタンプが置いてあるところを表している。

黒いところは荷物が置いてあって進行不能。



僕の藩は男2人と女1人で構成されている。

小さいころだからいいが、今の歳でやってたら青春だな。


入り口を開ける。

ここから僕らの未知の世界となる。

中は真っ暗。

たまに聞こえる袋のこすれる音・・・


神楽 HP50 必殺技:精神的ダメージ

相棒1 HP30 必殺技:叩く

相棒2 HP2 必殺技:未取得



スイカのお化けが現れた!

相棒1の叩く攻撃!!

お化けに10のダメージ。

お化けは様子をうかがっている。

神楽の精神的攻撃!
「なにこれ?ただのボールやん」

お化けの正体はビーチボールだった!

ボールに20のダメージ。

ボールは転がっている。

神楽はボールを調べた。

返事は無い。ただのボールのようだ。



袋のお化けが大量に現れた。

神楽は無視した。

袋のお化けに10の精神的ダメージ!

お化けの攻撃!
「ばあ!!」

神楽の攻撃!
「・・・わぁ。」

お化けに100の精神的ダメージ!!

お化けは逃げ出した。


神楽はレベルUPした。

暗視能力のスキルが上がった。


ラスボス、ヌノカブリーナが現れた!!

相棒1・2は戦意喪失。

スタンプを押しに行った。


ヌノカブリーナの攻撃!

神楽の腕をつかんで離さない!

神楽の攻撃!
「先生やん、離してよ。怖くないんだけど」

ヌノカブリーナに100のダメージ!!

ヌノカブリーナは手を離した。

神楽の追い討ち!
「布かぶっただけか・・・」

ヌノカブリーナは暗闇に消えていった。


相棒1・2は無事スタンプを押し終えた。


神楽は出口を開けた。


ステージクリア!!!!!!
冒険の書に書き込んだ。


相棒1に話しかけた。

返事は無い。ただの屍のようだ。


教会に行かなくては・・・


神楽はこの世の現実を学んだ。

いつの間にやらレベルはMAXになっていた。

中学生になった。

転生をして新たな人生を歩み始めた。


神楽の冒険の書はまだまだ白い。

僕らの物語はまだまだ続く!!!!!!


________
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゲームみたいだなw
こういうの俺は好きだぞ。

No title

こういうゲーム系もおもしろいな
結構好きだぞ

No title

やったねー!
懐かしいわぁ~

たしか、お化けの役やったよ♪

・・・先生と一緒にスタンプ押してただけだけどね。
目の穴の位置がズレて押すの大変だったわ(笑)

No title

田中さん、これは僕がマイブームしているドラクエをまねさせてもらっています。
「返事はない。ただの屍のようだ」
これは寝ている友達によく使いますw
なかなか使い勝手がよいのですw

No title

小狼、君は好きだろうと確信していたよ。
どっちかっていうと君はアニメの方が好きだろうがねw

No title

佐助、おぉ!覚えとったか!
あのころは純粋だったなww
お互い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。