スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑ウコトトハ・・・

夏休みが終わった。

今日は学年集会があった。

もう、受験生なんだな・・・と改めて思う。

まったく、どうして先生という生き物はこんなにもプレッシャーをかけるのかね。

僕が思うに、先生とは生徒の心を安心させること。勉強を教えること。生徒の趣味を理解すること。アニメを馬鹿にしないこと。とかだと思うのだが。


で、今日の本題と言うのは前々から書こうと思っていたやつで僕と同じ小学校の人は分かるはずだ。


時は小学校の卒業式の練習までさかのぼる・・・

男子の1番から女子の最後まで何十分も座りながら卒業証書をもらうのを見ていなければならない。

中学校に入って驚いた。

代表者が何人か出るだけで他の卒業生は返事をするのみ。

さすがに、長すぎる来賓の方の心のこもったメッセージは短くはならなかったが。


何十分も座っているだけだからつまんないことつまんないこと。

そんな僕を楽しませてくれる者はいないのか・・・

すると一人の女子が証書をもらいに前へ出た。

校長先生の前まで来るとお辞儀。

先生の出す証書に右手、左手、とのばす。


いつもどうりのこの光景。

このあと僕を・・・いや、僕らを楽しませてくれるなんて思っていなかった。

むしろ、僕らを苦しめることとなる。


君は卒業証書をどうもらう?

僕がもらったときは、

・お辞儀

・手を伸ばす

・受け取る

・脇にはさむ

・回れ右

・もどる

だったと思う。


この定番の流れをくつがえした勇者がいた。

名をネコ(仮名)という。

背の低めなネコは証書をうけとった。

脇にはさんで回れ右・・・・・・と、思いきや!

ネコは脇にはさむ動作をスキップ。

そのまま回れ右。


どういう状態かというと、受け取った体勢のまま(腕をあげたまま)回れ右をして歩き出したのだ。

うぉい!?

みんなそう思っただろうな。


たいくつしていた僕への彼女からのサプライズ☆

もう、面白くってしょうがない。


本心は声を出して笑いたいが、何と言っても今は練習中なのだ。

よりによって誰も笑わないし。

きっと、僕と同じで我慢しているんだよな?




笑うことがこんなに難しいだなんて・・・

笑うことがこんなに恥ずかしいだなんて・・・

笑うことがこんなに苦しいだなんて・・・

この練習で僕はいろいろなことを学んだ。

学びすぎた。


卒業式になると考えてしまうのだ・・・

またあの状況になったりして。と。

恐ろしい反面、楽しみでもある。

今度は、本番で誰かやらかしてくれないだろうか・・・と、密かに思う僕なのでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本番でやらかしても、いい思い出になりそうだよね。

~~、○○!

「ハイ!!!」

バターーーン!!(先生倒れる)


・・・・やっぱイヤだな、うん(爆)

No title

あぁっはっハッハッハ!!!

でぇらウケるわww
僕は絶対我慢できねぇ。

でも卒業のとき一番よかったなと思ったのはくしゃみをしなかったことだな。

No title

めちゃうけたw
本番によみがえるあの記憶。
毎年苦しみられております・・・

No title

これはかなり笑えたww
俺も神楽と一緒で

めっちゃこらえたし(@_@;)

あ、俺俺!!

No title

おお!!
君か!!

俺俺詐欺さんですね?ww

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。