スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙ハ枯レナイ

神楽は泣いていた。

卒業式、卒業生による最後の合唱があった。
先輩を見つけた。
どうやら、目が合ったようだ。
もしかしたら目なんて合っていないかもしれない。

だが・・・神楽は聞かなかった。
目が合ったかは気になる。
しかし、聞いたところで間違いだったら悲しい。

あえて、あえて聞かないのだ。

門出式終了後。
先輩が神楽達の元へ走って来てくれた。

「おめでとうございます!」

「神楽~泣かないでwもらい泣きするって」

「すみません、ごみが入ったようですw」

「ごみが入ってそんなに涙出るのかよ」

「いえいえ。物凄い量のごみが入ったんですよ」

「まじか!うわ~俺も入ったらしいw」

「先輩!!目から笑えるぐらい変な液体がぁぁぁ」

「ぶはっw俺もやべ~。目が滝になったぁ」

そして、僕らは写真をとった。

オタク君「せっかくだし、ポーズ決めません?」

ということで、僕らは説明しがたい二次元なポーズをとった。

今度、部活でお別れ会をやる。
そして僕はまた、泣くことになるであろう。

泣いても泣いても涙は枯れない。
僕が学んだことである。
そして、もう一つ。やっぱり僕は
先輩が!大好きです!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

久コメ~ww
俺もそうだったぜ・・・(>_<")
クソっ!泣かねぇつもりだったのによぉ(笑

おぉ!桜じゃん。久しぶり!

俺は泣かなかったぜ!
なんたってこうゆう場面で泣けない人なのですから。
なんでかな~ぐっときても泣けない。重症か?
多分・・・俺のときの卒業式(来年)は泣かないと思うけど・・・もしかしたらポロっとするかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。