スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別レハ突然ニ

11月27日の夕方。

この日は満月であった。

こんな日は何かが起きそうな気がしていた。


この頃、学校へ行く時よく見るおばあさんがいる。

いつも二人と一匹で他愛も無い会話をしているようだった。

「やっぱりね、自分の最後は自分でやらないとね」
「そうね。あの子達に迷惑はかけれないからね~」

いつも大きめな声で縁起でもないことを話している。



そういえば最近、あのおばあさんを見てないな・・・

そう思ったのは11月27日のことだった。


満月・・・

玄関を出て最初に思ったことはそれだった。

異常に大きくみえる月。

こんな日は狼人間でも出そうだな・・・w

エレベーターを降り、自動ドアを出る。

犬をおろして夕方の散歩へと向かう。


僕の散歩コースは決まっていない。

いつも気ままに風のゆくまま、気のゆくまま。

この日はおばあさんがいつもいるところを通った。


角を曲がったとき、いつもと違う景色があった。


バスがそこにはあった。

ちょうど、おばあさん達の住んでいる家らへんだ。

バス停なんてないから変だなとは思った。

この道をバスが通ったことなんて一度も見たことがない。


近づくと僕の心臓が苦しくなっていった。


「平安会館」


と書いてあった。


最近見ないおばあさん・・・平安会館のバス・・・喪服の人たち・・・


全てがつながり一つの答えを導き出す。



もう・・・いないのか・・・。



話したことのない他人。

挨拶もしたことがない。


そんな他人以上の何者でもない彼女にこんな感情をもっている僕がおかしい。


かぶっていた帽子が飛んでいきそうになった。

今日は風が強い・・・

寒いな・・・・



翌日、あの道を歩いてみた。

そこにはプードルがいた。

おばあさんもいた。







一人と一匹が静かに座っていた。
スポンサーサイト

同情サレル者

今の僕は機嫌が良い。

何せ、たった今「ワンピースZ」の映画を見てきたところなのだ。

本日は2人で行ってまいりました。

本当はもう一人行くはずだったんだがな・・・

時雨・・・・・・

今度は一緒に行こうな☆


映画の感想はネタバレになる可能性があるので控えますが、ゾロの戦闘シーンがかっこよすぎ!!

ゾロのメガネ姿、似合いすぎ!!


って感じでしたw

青キジという人がいるのだが、この人の声優は子安さんといってメチャクチャ人気な声優なんです。

歌声が聴けてよかったなー。


そうそう、映画を見ているときに横の男がうんちくチックでうるさかった。

「おっ青キジ!」
「キター!モドモドの実の能力」

知ってます。

皆知ってますから。


そして驚きの発言。

「ここで青キジが***するんだよなー」


・・・。

(゜□゜)!!!!!!!!!????


言っちまったよ、この人。

馬鹿だ。

うましかだよお前!!


と、僕は怒っていた。

5秒ほど。

10秒後には同情していた。

なぜなら・・・

彼のネタバレ発言は大はずれだったからだ。


おそらく彼らは一度見たことがあるのだろう。

だから彼は思わず言ってしまったのだ。

しかし、彼がかけられた言葉は怒りのお言葉ではなく、「違うしwwお前・・・ハズ!!ww」

という友達からのお恥ずかしいお言葉。


彼の発言の10秒後、青キジがしたのは***ではなく###であった。


残念でした。


と、心の中で慰める僕なのでした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あのー。

僕の希望言っていいですか?


僕のブログの目標というのが、「マイホーム」みたいな感じでw

気軽にコメントして、コメントした同士が仲良くなって、また輪が広がって。

って感じにしたいんですよ。


今は同じ学校の人ばっかなんで、コメントしにくいと思うんですけどw

どんな人が見てくれてるのかな?って好奇心が。


無理には言いませんから。

気軽にコメントしてみてください☆


僕が飛び跳ねて喜びますからww


野心が出ちゃってすみませんw

いつも感謝してます!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年越シノ、スヴニール(思い出)

あけましておめでとうございます。

2013年始めての更新となります。

今年もお世話になると思いますが、どうか温かい目でぬくぬく見守ってください。


今回は神楽家の年越しについて思い出していこうと思う。


かつての僕は驚くほど純粋であった。

そのため僕は0時になるとお化けが出ると本気で思っていた。

だから年越しの記憶があるのは小4くらいからしかないのだ。


小4のとき・・・

その年は父とマリオのゲームをしながら年を越した。


小5のとき・・・

これはあまり良い思い出ではない。

父が勝手に寝てしまったのだ。

「20秒前!!」

というアナウンスが聞こえる中、僕と妹は必死で父を起こそうとしていた。

しかし、なかなか起きてくれない。

挙句の果てには「うるさい」と起こられる始末。

その言葉の3秒後、「おめでとうございまーーす!!」

のアナウンス。

新年最初の言葉は「マジか・・・」であった。


小6のとき・・・

これはまた良い思い出ではない。

この年は父さえいなかった。

22時くらいのこと。

突然父が「今日友達と遊んでくるから」と言って出かけていった。

ベランダから父の車をにらんでいた記憶がある。

年越しの瞬間、僕と妹は思いっきりジャンプをした。

僕はマンションの12階に住んでいるため「僕らは年越しのとき地上にいなかった!!」と喜んでいた。


中一のとき・・・

この年は父と戦国BASARAをやって年越しをした。


中二のとき・・・

年越しそばを食べていた気がする。

何故か思い出せないのだ。


中三のとき・・・

これまた僕は年越しそばを食べていた。

僕はそばは嫌いである。

ガキ使を見ていたのでカウントダウンが分からなかった。

家にある時計は一時間ごとに「ピヨピヨ~」と鳴くのである。

しかし午後11時を過ぎたあたりからアイツは鳴くのをサボる。

そのため、完全にカウントダウンをする物がなかった。

年越し最初の言葉は「えっ?もう明けた!?」であった。

ちなみに妹は「うそ!?」である。


年を越したと知ったのは、僕の携帯がピカピカとイルミネーションを開始したからである。


神楽家の年越しは結局ありふれた平凡的な年越しなのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。