スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球部員ノ謎

昨日見たことを書こうとと思っていたのだが!
緊急事態!

予定変更。

「野球部員ノ謎」

時は部活の体験入部2回目の第二希望の日。


___5:20ごろ

「えッッ」
「どーした?」
「ちょちょちょ、あれ。やばくね!?」
「おぉ!?倒れてる!!」
「M君が見当たらないけど・・・まさかなw」
「でも、Mって今骨折してるじゃんか」
「ああ・・・そうか!」

___5:25ごろ

ピーポーピーポー・・・・・・・・・

「うわあ・・・救急車来たよ。」
「どうしたんだ??」
「ボールでも当たったんじゃね?」
「バットかも」
「「ないないww」」


オタク「気を紛らわすために・・・しりとりしようぜ。」
神楽「ああ」
銀玉「はい。」

そのとき、驚くべき事件が起こったのだ。

りんご→ゴリラ→ラッパ→パンツ→積み木→狐→ねずみ→みかん

はい。終了~~~w
銀玉ちゃん、動転しすぎで凄い大罪起こしたよww

と、いう訳で再開。
「マジカル☆バナナやろうぜ」

「マジカルバナナ、バナナと言ったら黄色」
「黄色と言ったらレモン」
「レモンと言ったらスッパイ」
「スッパイと言ったら青春」
「青春と言ったらラブコメ」
「らっラブコメ!?」

はい。終了~~~w
銀玉ちゃん、また止めちゃったねww
ラブコメ難しいよな~。

そんなこんなで時間が過ぎた。


先生が発した言葉
「部活終了」


ドクターヘリがやってくるらしい。
どうなったかは知らない。


帰るとき、上地雄介と話していたのだが、何か楽しかった。
こういう緊急避難みたいなのもたまには良いなと思う。


いやあ・・・

今日も平和だったな・・・
スポンサーサイト

忌マワシキ事故 ネタバレ編

では、前回のあらすじを簡単に書こうと思う。


僕は赤ん坊を机に叩きつけたのだ。
そして、赤ん坊は爆発したのだ。


簡単すぎただろうか?

で、ネタバレ編ということで。
ばらしていこうと思う。

赤ん坊・・・

赤い坊や・・・?

まったく違うな。

表現を間違えたな。

白い坊やだな。

白ん坊・・・?


赤ん坊と言うのは普通、胎生で生まれてくるのだが、僕が叩きつけたのは卵生だった。


もう分かるだろう?

卵だ。

鶏の。


最後に、君に間違えて欲しくないことがある。

生卵ではない!

温泉卵なのだ!


この差は大きいのだぞ?

外国では危なくて生卵なんてもの食べられないらしい。
日本は素晴らしい!!
僕の好物の一つに「卵かけご飯」がある。

僕が日本に住んでなければ「卵かけご飯」には出会えなかったのだ。

↑のとうり、生卵は凄いと僕は思っている。

だが!

温泉卵は、そのまた上をいったのだ!!!

65度ぐらいのお湯に30分ほどもつけておくのだ。

なんて手間をかけさせるのか!?


赤ん坊のくせに・・・



あ・・・・
おかしいな?

僕の予定と少し違ってきたな・・・


今日見つけた、チンゲンサイと卵を持ったおじいさんの話をしようと思っていたのだが。

次回にしようと思う。


では、いい夢を・・・

good night☆

忌マワシキ事故

今日の僕は気分が良い。
何と言っても今日は「漫画喫茶」へ行くのだ。

本に囲まれ読み放題。
夢の世界だ。

そんな僕心はまさにparty!!
漫画LOVE!!

とか、メールで話していた矢先のこと。


____僕は事故にあった。


あれは僕が悪かったのかもしれない・・・

だが、あんな仕打ちはないだろう?

僕は白い肌をもつ赤ん坊を机に叩きつけた。

思いっきり・・・

悪かったとは思っている・・・

あんなに小さい赤ん坊を怪我させたことを。


そのとき僕は悪いという実感はなかった。

別に赤ん坊が泣いたわけではない。

うるさかったわけでもない。

何も思わず、ただ、無関心に2回。
机に叩きつけた。

こんなに大変なことになろうとは思ってもいなかった。


机に叩きつけたとき、鈍い音が響いた。

それと同時に、液体が出てきた。


頭が割れてしまったらしい・・・

僕は傷口に手を入れる。

そして、指を押し込み力を入れる。


その瞬間!!

液体が僕に向かって飛んできた。

事故に合うとき、被害者はよく言うらしい。
「スローモーションのようだった」、と。

気持ちが良く分かる。

たしかに、そう見える。


僕の頭に降りかかる。

大爆発・・・

僕のpartyな気分はこのとき同時に吹っ飛んだのだ。



.....................................................続く...........................................



儀式ノ予兆

今日は変な日だった。

その内の一つ、不審者発見。

僕は探偵ごっこが好きである。

部活帰りに見た光景。

何故か女性物の靴をハンガーにかけて、車の中に入っていく男性2人。

・・・怪しいこと怪しいこと。

スーツだし。


探偵の定番、ナンバープレートの暗記。

実践してみた。

まだ覚えている。

明日になったら忘れているのだろうか?と思うと、何故かこの記憶が尊く思えた。


大抵、こういう事は自分の思い込みによる勘違いで終わるものだ。

だから僕は危機感は持っていない。

ただ、この記憶が誰かの命を助けることに使えるのならば。
そうならば、受験生である僕の貴重な頭のスペースを使って良かったと思う。



かなり家に近づいたとき。

僕は小さい子供とすれ違うのが嫌いだ。

なのに、よりによって今日は狭い道ですれ違うかたちとなってしまった。

と、言っても子供達との距離はそのとき約100メートル。

まだまだ大丈夫だ。



~子供トノ距離、約90メートル~



何か、見てはいけないようなものを見てしまったような??

何何何何何何何!?


彼女らは華麗に道路で舞っていた。

手を上に上げ、足を上げ。

片足で器用にバランスをとりながら。

桜舞い散る今日この頃・・・
      道路で舞う可憐な少女。


聞いただけでは、「可憐」「美しい」「優雅」などといった言葉が並べられるだろうか?

僕は微塵もそんな事思わなかった。

・・・いや、ある意味言えるのかもしれない。



さあ。まねをしてみよう。

1 腕をあげよう。まっすぐ、天にむかって。

2 片足で立とう。上げた脚はしっかり曲げよう。

3 手首を下に曲げよう。ひじは曲げず。

完成だ!

これで君もマスターしたはず。


白鳥の舞を。

その姿、鏡で見てみるといい。
僕が見たのはそういう光景だ。

やっぱり、子供は苦手である。

party、イレタイ。

今日の僕はご機嫌だ。
何といっても今日は雨だからだ。
新しい傘を使う日がやってきた。

何か、乙女チックになっているが気にするな。w

学校では今、修学旅行の話で盛り上がっている。
もう既にグループが発生していたりする。

同姓同士だから、これといって盛り上がったりはしないのだが。

そんな中、今日一番僕が困った事は「スローガン」だ。
はっきし言っていらないと、僕は思う。

だが、何故か学校側は決めたがる。
学校の習性?

朝、黒板を見ると「朝、提出」と書いてあった。

当然、皆必死に考える。

初め、僕が教室に入ったときてっきり勉強でもしちゃっているのだろうか?とか考えていた。

「神楽~スローガン出来た?」
「おう。さっき考えた。」
「何々?」
思い出作りに関東へ  これが最後のpartyだ
「すげ!もうだしたのか?」
「ああ。もうだした。」
~(割愛)


「で、さっきの話だけど、出しちまったんだよな・・・。考えて?」
「もちろん。考えて出した。でも、佐助と考えたけどなw」
「考えて?」
「だから考えたってww」
「いや、だから!!考えてください!!って意味だ!!!!!」
「・・・・・・・・・・?」
「わかった??」
「そういうことかよ!!考えて出したの?って事かと思ったじゃねーかww」



という、今日の平和な朝の一部だ。
どうしても僕はpartyと言う語を入れたかったのだ!!

世界デ一番オ姫様

もう皆さんには年齢ばれてると思うので、あらためて言いましょう。

僕は中二です。
・・・いや、訂正。
中二病です。


・・・あっ
すみません。
はい。中三です。


どうしても実感がわかない。
今、世界中の中二病患者に質問したならばきっと皆同じ思いだろう。

ジュケン・・・?
何それ?おいしいの?
みたいな人が続出だろう。


ところで、今思ったが。
中二病患者って世界にどれぐらいいるのだろうか?
僕は気になってしょうがない。

僕が思うに、中二病患者ってのは僕みたいな軽症の人も含めて少ない方ではないはずだ。
執事とかメイドとか、そういう類の絶滅危惧種ではない。はず。

世界は広いからな。
何があるか分からないぞ。

________sekai..................

ここからは僕が中一のときに心理テストみたいな物をやったことを書いていこうと思う。

心理テストの内容は、番号に人物と歌の名前を書いていく。という物だ。(かなり割愛)


君も知っての通り、僕は織田信長を愛している。
・・・・・・・え?
知らない?

はは・・・!
時代遅れだな!

常に時代は僕を中心にugoite
はい。
怒られるので自粛する。

言わなくても分かるだろう?
そう!
僕らはつながって(((

__________________


えっと?
何の話だっけ。

あぁ心理テストか。

で、簡単に言えば人物を表す歌が分かる。
みたいな物だ。
あってるか?桜?

それでだ。
僕はもちろん愛してる織田信長を番号に書いた。
すると!
彼を表す歌にびっくりした。


「ワールドイズマイン」


直訳すると、「この世界は私のもの」みたいな感じだ。
なるほど、ぴったりだ。

「ワールドイズマイン」
聞いてみればわかる↑

「ワールドイズマイン」歌ってみた
ボーカロイドなので、苦手な人もいるかもしれないので苦手な人はこちら↑ww


信長を想像してみてくれ・・・といっても、個人的な感想だから絶対合うとは言えないが。
なんか、名前的に合ってないか?


そんなこんなでまた長文。
お疲れさまでした。

放送事故ガ起コルマデアト・・・

昨日、僕は新一年生を迎えるために黒板に絵を描きました。

先生の絵を描くことになったのだが・・・
似顔絵と言うのは本当に苦手。

内心、「これが先生だ!」とか言って、アニキャラ描いてやろうか。とか思ってたんだが、やっぱ無理があって止めた。

「似顔絵ってむずい!」って嘆いていたらcepciさん(通称、鉄道オタク)が言った一言で解決。
「アニメっぽくすれば?」
なるほど!!
やっぱ、オタクの考えることはすごいな。

「確かに。アニメっぽくすれば描けるかもな。」
そういう訳で完成した先生の自称似顔絵。

手がww

僕の絵を見た(見る)人!!
ここに誓うこと。

・何があっても突っ込まないこと。
・気になった所は、君の心のフィルターできれいにすること。
きれいにならなかった場合、責任は取れません。
また、君の心が腐っているのではないか?と僕に思われます。

ここで、余談になるのだが。

リンクに入っている前回紹介したブログ。
その筆者がcepciであり、前まで同じクラスの一員だった人物である。

少し紹介してみる。

年齢:永遠の14歳☆
性別:オトコノコ
生態:ニュースに敏感。新聞などをよく見ているらしい。
   鉄道のことについて、人並み以上の知識をもつ。
   大人との接し方がプロい。

まだまだいっぱい書きたいことがあるが、今日はこの辺で勘弁してやろうじゃないか。
という、冗談は置いて大人の事情でやめときます☆wwwwww



世の中は広いんだ。
世の中は面白いんだ。
世の中は楽しいんだ。

地球は回る。
地球は回る。
地球は回る。


僕を中心と(((殴 ブハ・・・ッ

君をのせて☆
(怖・・・あっいや、なんでもなぃ・・・ちょっ睨むなって・・お、おい!くっ来るな!!!!あああああああああぁああああぁあぁあっぁぁぁぁぁぁ嗚呼あああああぁぁぁぁああ嗚呼ああああああああああぁぁっぁあ嗚呼あああああああぁぁ「バキッ」)


ピィ_____________________

今日のブログは筆者が戦闘不能終わりたがっているため、終わらせていただきます。
またのお越しをお待ちしております。

発覚シタ僕ノ病

僕は病にかかっている。らしい。


中二病という名の重い病に。↓

http://minna.cert.yahoo.co.jp/clkpq/376614/eval_nl?fe=1

90点でしたw

これによると、僕は「中二病末期」で手の施しようが無いそう。
何が「合格で~す」だ!!


中二病って精神病なんですよ?
知ってました?

最近の若者はなってる人が多いんだそうだ。

僕のブログの読者って意外とそういう人多いんじゃないか?

僕がこんなんだし。


さあ、君もチャレンジ!!
何事にも、まず挑戦だ!!

それが、今を生きる僕ら学生の使命だ!!!!!!

またまた楽して楽しいのでやってみた。

さあ、君はどうかな??

結果をコメントしてくれ!

バトン

Q1 ヲタと言われて完全否定できない ○・×でお答えください
A1 良く言われる 〇
Q2 レンタルビデオ屋で借りるビデオの50%以上がアニメ系
A2 というか、100%  〇
Q3 アニメを見て、一度でも「声優は誰だ?」と思ったこがある
A3 絶対エンディングで声優見てから終わる 〇
Q4 携帯の待ちうけ、PCのデスクトップがアニメ系。
A4 pc・・・夏目友人帳の夏目と斑   携帯・・・デュラララの平和島静雄 〇
Q5 予約特典目的でゲームの予約したことがある。
A5 戦国BASARA宴を、「BSR総選挙」の投票権を手に入れるために予約した 〇
Q6 学校や職場で「ライトノベル」といわれるものを読んだことがある。
A6 らいとのべる? 電撃とかと違うのなら見たこと無い ×
Q7 テレビ欄を見るときはいつも下から見る。
A7 もちろん。三時とかから確認 〇
Q8 友達に「iPod貸して!」と言われてかたくなに断ったことがある。
A8 言われたこと無いな ×
Q9 iPodやMDにアニソンが入ってる。
A9 iPodにかなり入ってる。ボカロ、アニソンなどなど・・・ 〇
Q10 深夜アニメを録画したことがある。
A10 毎回録画してる。 〇
Q11 検索サイトで声優の名前を検索したことがある
A11 子安さんとか、中井さんとか、若本さんとかいっぱい。 〇
Q12 普段はシラケキャラ。
A12 どっちかって言うとそう。 〇
Q13 髪の毛が緑色、赤色、等に違和感がない
A13 違和感持ってたらアニメ見てられませんって。 〇
Q14 リアルで2ch用語を使ったことある。(キター等。)
A14 日常語になっとる 〇
Q15 アニメ系DVD,OVAを買ったことがある。
A15 戦国BASARA壱買った 〇
Q16 「えろげー」と変換して「エロゲー」と一発で出てくる。
A16 得ろげー になった。(よかった・・・) ×
Q17 「すずみや」と変換して「涼宮」と一発で出る。
A17 ならない ×
Q18 他のヲタを馬鹿にしたことがある
A18 僕はオタクのことは馬鹿にしません!! ×
Q19 自分の財布を見て見ると、ゲームの予約券でいっぱい。
A19 入ってますとも。それが何か!?アニメイトで集める。 〇
Q20 授業中、仕事中にライトノベルを読んだことがある
A20 だから何なんだ!それは ×
Q21 アニメ系またはゲーム系のポスターを持っている。
A21 もってますとも。グッズもジグゾーパズルなんかも入手した(1000ピース) 〇
Q22 また、それを貼っている。
A22 貼らなきゃ意味無いじゃねーか!〇
Q23 鼻歌はいつもアニソンだ。
A23 よく歌ってますね。アニソン。 〇
Q24 体育の授業があると憂鬱だ。
A24 それはない。体育は好き。 ×
Q25 お気に入りのアニメ、またはゲーム系のサイトがある
A25 いっぱいある。 〇
Q26 土日は引きこもる。
A26 遊んでます。 ×
Q27 アニメの為にトイレを我慢したことがある。
A27 ある。あとちょっとだから!頑張れ僕!って。 〇
Q28 サッカーの面白さがわからない。
A28 失礼だが、分からない。 〇
Q29 「オフサイド」って何?って思う。
A29 何?えっまじで何? 〇
Q30 野球を見たら、延長してほしくないと強く願う
A30 番組潰れたときかなり萎える。 〇
Q31 よく知っているスポーツが一つもない。
A31 全部中途半端。 〇
Q32 コミケに行ったことがある。
A32 ない! ×
Q33 エヴァンゲリオンのキャラ、綾波レイの声優がわかる。
A33 おお!めぐ姉じゃないか!! 〇
Q34 人と会話した後に全身が火照ったことが多々ある。
A34 どういう状況でそうなるんだよ 〇
Q35 男の主人公で周りが女だらけのシチュエーションに違和感を感じない
A35 まったくない。ベン・トーとかそうだし。 〇
Q36 最近の金の使い道がアニメやゲームばっかり
A36 そのとうり。 〇
Q37 好きなジャンルの話になると周りが見えなくなる。
A37 見えない。え?何か言った?ってなる。 〇
Q38 夏休み等の長期休暇の大半を家で過ごす
A38 アニメ三昧、ゲーム三昧 〇
Q39 友達のほどんどがインドア派。
A39 インドア派が多いかも。アウトドア派もいるが。 〇
Q40 課題もないのに変な小説を書いたことがある。
A40 ある。一時期はやったな。 〇
Q41 家に帰ってから10分以内にパソコンを立ち上げる。
A41 必ずと言っていいほど。 〇
Q42 残酷な天使の●●●←この穴埋めができる。
A42 常識だろ??「テーゼ」 〇
Q43 カラオケでアニソンを歌ったことがある。
A43 アニソン、ボカロオンリー 〇
Q44 フィギュアやエロゲーを取り扱ってるお店に行ったことがある。
A44 行きまくり。 〇
Q45 秋葉原が大好き。
A45 行った事ないけど、あそこは神。僕にとって神聖な場所だからな 〇
Q46 お疲れ様でした━判定━
A46 〇いっぱいあったような・・・
Q47 「一つも当てはまらない」超健常者。 です
A47 それは逆に異常じゃね!?
Q48 ○「1~5個」 まぁ、健常者です。
A48 アニメ見ようぜ!!
Q49 ○「6~15」ちょっとヲタ入ってます。
A49 もう少しで君もオタの仲間だ。頑張れ!
Q50 ○「16~30個」 ヲタです。
A50 オタを恥じるな!
Q51 ○「31~40個」 キモヲタ入ってます
A51 えっまじ!!あはは・・・。キモってなんだよ!
Q52 ○「41~45個」完全なるヲタです。ヤバすぎです。
A52 いえ?い。オタク万歳!

ワンダーランド

バトン見ただろうか?

ちょっと楽をして気分転換にやってみました。

なかなか楽ですよ楽しいですよ。

それより、今日はまたまた出かけてこようと思っている。

夢のワンダーランドへ!!!


自動ドアが僕のために開いてくれる。
「いらっしゃいませ~」
とは言ってくれない。
当たり前だが。


まぁとにかく、部屋に着いたわけだがそこで巻き起こるは壮絶な争い。


カラオケでのことである。


部屋に入ってからの第一回戦「一番はあなたが ~先手の譲り合い編~」
「やっぱ一番はオタク(仮名)がいけ!」
「やだよ。気まずいじゃねーか!そう言う佐助(仮名)がいけよw」
「オタクの方が歌、上手いじゃねーか」
「いやだね。断固拒否する!!ここは神楽に歌ってもらおうじゃ・・・「僕はやだよ。」
「まだ言ってねーよ!!」


きりが無いので僕らはじゃんけんで決めることにしたのだった。
そういえば、僕はかつてアニメキャラが言っていた「じゃんけんには方程式があるのよ!!」
と言う、言葉を思い出し解いてみることにしたことがあった。

どうやったかは忘れたが、結論はx=3分の一。だったと思う。


そんなことはさておき、正当な戦の結果オタクが歌う事になった。


第二回戦「男には譲れないものがある ~早い者勝ち!マイク争奪戦~」

ピッピッピッピッ・・・・・・・・・・

この音の正体はもちろん、曲の予約の音である。

ものすごい速さでオタクが入力していく・・・



そんなこんなで四時間が過ぎ、〆の歌となる・・・

第三回戦「最後はどうする?? ~〆は皆で仲良くな~」

「最後どーするー?」
「やっぱここは君が代だろ!!」
「なんで!?ここは、千本桜とかマトリョシカとかさー。」
「いいんじゃね?君が代」
「いっか」
「「「ははははhhhwwww」」」


僕らの夢のワンダーランドはこうして終わっていった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。